4月 12 2015

管理職に求められる重要なスキルとは?

Category: 看護師長9xexhk53 @ 11:10 PM

sukiru管理職の仕事には、
さまざまな方と対話することが
求められることは多くなります。

多くの人と接して、
病棟の業務を円滑に行うことが出来るようにする。
という仕事は、管理職ならではの仕事とも言えますよね。

 

そのため、スタッフとして働くときよりも、
管理職として働くときにはコミュニケーション能力がとても重要である、
と言われています。

管理職が接する人というのは、
看護スタッフだけではありません。

 

特に看護師長は患者さんやその家族の方との対話も行います。
中にはクレーム処理やトラブル案件の処理なども行う必要がありますよね。
看護部長になれば経営側とのコミュニケーションも必要になります。

コミュニケーション能力だけではなく、
マネジメント能力についても非常に問われてきます。

 

看護師の職場には
さまざまな資格を取得しているスタッフが働いています。

正規雇用の正看護師、准看護師、
さらにパートやアルバイトスタッフ、
夜勤専従看護師もいますし、介護スタッフもいます。

 

それぞれが専門的な資格を取得していることもありますよね。

一人ひとりが行うことが出来る業務などを把握し、
管理し、円滑に業務を遂行してもらうことが出来るようにすることが必要です。

 

師長はシフト管理を行う都合もありますので、
資格の把握や人間関係なども考慮した管理が必要です。

これらを把握するためにも、
スタッフとのコミュニケーションは非常に必要になるんですよね。

タグ: ,


4月 12 2015

管理職として転職する場合、チェックしておきたいことは?

Category: 転職のコツ9xexhk53 @ 11:06 PM

kyuujin管理職として転職をしたい。
という人は、実は以外に多いんですよね。

 

すでに枠組みが出来上がっている今の職場ではなく、
新天地で新たに自分なりの考えで仕事をしてみたい。

という人にとって、
新天地を目指したいという考えは理解できます。

 

病院側も、新たな意見を取り込むことを考え、
管理職を募集することは多くみられます。

ただ、管理職の求人にはいくつかのパターンがあります。

 

まずは即戦力として働くことが出来る
管理職を募集するという方法です。

現在すでに師長や部長として働いている人が、
新天地を求めている場合には、
このような病院を探してみるといいですよね。

 

次に、経験がない人をあえて募集し、
管理職として育てようという病院です。

他の病院での管理職経験はないものの、
新たな管理職候補として転職をする
向上心を持つ人を雇用したいという場合です。

 

管理職として採用をされると、
経験者であればすぐにリーダーとして活躍することになります。

未経験者採用の場合でも、
一定期間リーダー研修などを受けたのち、
役職に就くことになるのが多いパターンです。

 

ここで気を付けておきたいのが、
自分が考えていたような仕事が本当にできる職場なのか、
前任者はどうしてやめたのかなどです。

場合のよっては、
前任者は過労やストレスによって精神的な負担が強く辞めた。
というような職場もあります。

 

何か軋轢が合って辞めた。
という場合、自分がその軋轢に対応できるのか。
今までの職場と大きく制度自体が変わっていたりはしないのか。

このようなことは最低限チェックしておきたいことですよね。

タグ: ,


4月 12 2015

看護部長と看護師長の役割のポイントとは?

Category: 看護師長,看護部長9xexhk53 @ 11:03 PM

tigai病院の看護部というのは、
さまざまな役職の人が存在します。

役職によって担当する役割は大きく変わります。

 

病院内で看護部を統括し
まとめる役割を担うのが看護部長です。

看護師としての頂点に立つ看護部長は、
それだけに責任が最も重い役職です。

 

経営側にも立つ存在で、
経営側の考えや方針を
看護部内に周知することも役割として担います。

病院ではもっとも起こってはならない医療事故の防止や、
万が一のリスク管理なども看護部長が行います。

 

看護部内部の意見を集約して、
経営側に伝達し、
その要望を反映させることも重要な役割です。

 

病院のさまざまな診療科目で働く
現場の看護師のリーダーになるのが、
看護師長です。

直接的に看護師の教育に携わり、
技術面や精神面での支えになるという役割を担います。

 

20代後半~30代にかけてスタッフをまとめる主任となり、
さらに30代後半~40代、50代にかけて
看護師長となる人が多くなりますよ。

看護師長はデスクワークなども多くこなすことになります。

 

患者さんからの苦情を解決したり、
看護環境を改善する為のヒアリングや計画なども立てていく必要がありますし
、実際にシフト管理などを行うのも師長になります。

 

看護部長と看護師長はそれぞれに担う役割が異なりますが、
お互いがしっかりとコミュニケーションをかわし、
病院の経営と実際の現場で理解不足が起こらないようにする必要があります。

タグ: ,


4月 12 2015

管理職、師長と部長ってどんな違いがあるの?

Category: 看護師長,看護部長9xexhk53 @ 11:00 PM

yakuwari一般的なスタッフにとって、看護師長も看護部長も、
どちらも管理職であり、普段はあまり現場に来ることがない存在として、
似たようなもの。と感じられるかもしれません。

でも、看護師長は現場の看護師をまとめる立場、
看護部長はさらにその上から看護部全体をまとめる立場と、
役割が違います。

 

師長の立場というのはいわゆる中間管理職で、
現場スタッフの要望を経営側に伝えます。
逆に経営側の意見を現場に反映させることも求められます。

そのため、広い視野を持ちながらも、
柔軟に対応する能力なども求められるんですよ。

 

看護部長はどちらかといえば
経営者側の立場に立つ役職になります。

医院長や副委員長など、
経営側の意向を汲んで、
それを看護部に反映させる必要があります。

 

しかし、看護部の頂点に立つ立場として、
看護方針の策定や、
教育方針の決定などを担うことになります。

病院全体のことを考えつつ、
その中で看護師が働きやすい
環境づくりを行っていくことになります。

 

責任としては看護師長に比べても重く、
冷静さをもって職務を遂行することが求められるんです。

看護部長、看護師長の双方が互いに信頼感を持ち、
折り合いを良く職務を遂行することによって、
看護部全体の雰囲気を向上させて職場環境を整えることが出来るんですよ。

http://shichonooshigoto.com/

タグ: ,


4月 12 2015

師長に求められている人材とはどのような人?

Category: トラブル9xexhk53 @ 10:58 PM

 

jinzai身体を動かして看護にあたりたい。
そう考える人の中には、看護技術も優れ人望もあり、
年齢も比較的高くなってきているのに看護師長にはなりたくない。

と考える人もいます。
実は、看護師長には向き・不向きがあります。

 

看護師長は現場で働くことよりも、
デスクワークを務めたり出張するなど、
看護業務以外の業務が非常の多くなります。

もちろん、若い看護師の指導のために現場に出ることもありますが、
やはりスタッフや主任として働くのに比べると少なくなります。

 

現場のスタッフから見ると、何となく師長の仕事は楽なんじゃ?
と思われがちですが、実際にはかなり多忙で、
管理職としての職責は非常に重いものになっています。

師長になると想像以上の精神的な負担がかかることがあります。

 

例えば、看護師同士のトラブルや、
患者さんからのクレーム、患者さんの家族の方らかのクレーム
などの処理などを行います。

看護師長にとってこれらの処理は、
かなりのストレスになりますよね。

 

でも、このような事もスムーズに行うことで、
スタッフや患者さんからも信頼される存在になっています。

また、病院を運営するスタッフからの信頼も得られますよ。

 

規模の小さな病院では、
これら運営スタッフとの良好な関係はとても重要です。

看護師としてのスキルが優れているだけではなく、
信頼感を得られる師長であることはとても大切です。

タグ: ,


4月 12 2015

看護師長って大変なの?何歳くらいでなれる?

Category: 悩み9xexhk53 @ 10:55 PM

nansaiこれは看護師という職業でも、
決して異なるという訳ではありません。

主任クラスであればまだスタッフのまとめ役として活躍することになりますが、
師長ともなってくると、
主任を含めスタッフを束ね管理する必要があります。

 

新人教育、シフト管理、
人材教育なども行う必要がありますよね。

 

どの人がどの程度の看護技術を持ち、
さらに向上させるにはどのような教育をすればいいのか、
看護師たちが働きやすい環境を作るためにはどうしたらいいのか。

など、かなり頭を使う仕事も多くなってきます。

 

また、病棟と経営側とを繋ぐ役割も担いますので、
中間管理職として、上からと下からの言い分の
バランスを調整する必要もあります。

看護師長になると
実際に看護スタッフとして患者さんのケアにあたる。
ということはあまりなくなってきます。

 

夜勤などもなくなることが多いので、
肉体的な疲労は感じにくくはなってきます。

でも、精神的な負担というものは、
主任やスタッフに比べるとかなり大きなものです。

 

人間関係のストレスや、職務上のストレスなど
増える傾向にはありますよ。

看護師長はこれらのストレスなどにも耐えうる人材として、
大体30代後半から40歳くらいの方が付くことが多くなっています。

タグ: ,


4月 12 2015

管理職になるには、実績を積むことが重要

Category: 給料/条件9xexhk53 @ 10:51 PM

jisseki看護師のキャリア組とも言える管理職ですが、
実際に管理職になるといいことというのはあるのでしょうか。

 

管理職になると、
まず仕事面ではかなり充実したものになります。

若い看護師の指導をはじめ、
看護以外の仕事にも携わることになります。

 

仕事が充実するということは、
当然ですが給料も上がります。

給料があがるというのは
かなりモチベーションも上がりますよね。

 

ただ、当然ですが、
それに伴って責任も重い物にはなります。

自分ではない、部下のミスなども、
自分に掛かってくる可能性もあります。

 

そのため、部下の指導はしっかりと行う、
リスク管理なども行う必要がありますよね。

 

それらを行うためには、
日々研鑽を重ねて最新の医学を学ぼうとすることや、
より専門的な知識・技術を取得する努力も必要です。

 

管理職と一言でいっても、
在籍年数が長ければ自動的に役職が上がっていく
というようなことはありません。

看護技術を磨き、
そして認定看護師やその他の資格についても、
勉強をして取得しようとする向上心が必要です。

 

人一倍の努力は当然必要になってきますよね。

 

主任や師長であれば、その病棟に精通することが必要ですし、
看護部長ともなれば、全体を把握する必要があるので、
さまざまな診療科目についても勉強する必要があります。

さまざまな診療科を経験し、
実績を積む努力も必要ですよね。

タグ: ,


4月 12 2015

看護師の管理職って求人はあるものなの?

Category: 求人9xexhk53 @ 10:48 PM

tensyoku看護師という仕事は、
資格が必要な仕事ですよね。

でも、資格を取れば
そこで勉強が終わるという
仕事ではありません。

 

看護師資格の上にはさらなる資格があり、
そして役職なども存在しています。

ステップアップ、キャリアアップをしていくことが出来る仕事として、
資格取得後も勉強をしているという人が
とても多い仕事でもあるんです。

 

もちろん、一般的な職業でも、
出世を目指しているという人もいます。

看護師の場合にも管理職へと
キャリアアップすることを目指している
人は、とても多いんですよ。

 

看護師の管理職は、
だいたいどこの病院でも
3つに分かれています。

病棟内でスタッフをまとめる「主任」、
病棟の長である「師長」、
そして病院の看護部を束ねる「部長」です。

 

看護師としての経験を積み、
そして勉強を積んでいくことによってなれる役職でもありますが、
実は専門的な研修を受ける必要があるケースもあるんですよ。

看護師という職業は、看護を行えばよいと考えがちですが、
管理職になってくるとさらに、自分の部下を掌握し、統括すること、
リスクマネジメントをしっかりと意識することも必要なんです。

 

管理職を教育して行くことはかなり大変で、
外部から招へいする、つまり管理職を求人で得よう
とする病院もあるんですよ。

タグ: ,


1月 18 2015

看護師長の転職のポイント

Category: 看護師長9xexhk53 @ 9:35 PM

新しい仕事場はどんなところなのか

wyuerhb

 

医療の現場というのは日々進歩していますよね。
同じ職場で働いているとどうしてもその進歩の状況が
見えないというケースもあります。

看護師長として転職をする時に、
今の職場と転職先に医療の差がある可能性というのは
ありますよね。

 

自分が専門としている診療科なども、
今いる病院よりも転職先は細分化されている
という可能性もあります。

今までよりもより高度な知識が必要。
高度な技術が必要。
そのような点でもしっかりと対応できるか。

 

師長として主任以下のスタッフから
信頼をしてもらうことが出来るのか
などを
よくチェックしてみることが大切です。

 

自分はどんな看護を目指しているの?

 

看護師長となってくると病棟の中では
中心的な存在になってきますよね。

自分が目指している看護のスタイルと
その病棟の看護のスタイルが全く違う。
このようなことがあるととても苦労することになります。

 

そこで、まず自分はどんな看護を目指しているのか。
転職先の病院・病棟は
どのような看護を目指してるのかをよく確認しましょう。

あまりにもかけ離れている場合には、
やはりそこは転職先としては向いていないと言えます。

 

給料や通勤、待遇などさまざまな条件が合っていても
やはり考え方が違うというのは難しいものです。

最初はちょっとした違いと思っても、
あとあとで深く悩んでしまうことも多い
んですよ。

 

職場の人間関係はどんな感じ?

poiuhjn
 

女性が多い看護職の場合、
どうしても人間関係でつまづいてしまう人
という人が出てきます。

何か突出して人間関係が複雑になってしまっている
というような病棟も働いてみるとありますよね?

 

このような職場に転職をしてしまうと
師長としてとても人間関係で苦労をすることにもなります。

できれば転職をする前にこのような
人間関係がどのようになっているのかなどを
チェックしておくことも重要です。

 

でも、なかなか人間関係を確認しようとしても
個人的に行うのは難しいですよね。

知り合いから聞いてみる。
職場見学に行ってみる。
転職支援サイトに聞いてみる。

 

このような方法でよくチェックしておきましょう。

 

スキルアップしていく向上心はある?

 

看護師長は病棟看護師の中ではトップに立つ役職です。
やはりトップが向上心があればついてくるスタッフも
向上心を持って仕事に取り組みやすくなります。

病院側としてもこのような向上心をもっている
看護師長を採用したいと考えいます。

 

自分が理想としている看護が実践できればそれで満足。
というような看護師長はあまり歓迎されません。

管理職としての責任と向上心を持っている点を
転職活動ではしっかりとアピールすることも
看護師長が転職するときには大切なポイントですよ。

 

やる気がある看護師長は歓迎されますので、
ぜひ頑張ってくださいね。

タグ: