4月 12 2015

管理職になるには、実績を積むことが重要

Category: 給料/条件9xexhk53 @ 10:51 PM

jisseki看護師のキャリア組とも言える管理職ですが、
実際に管理職になるといいことというのはあるのでしょうか。

 

管理職になると、
まず仕事面ではかなり充実したものになります。

若い看護師の指導をはじめ、
看護以外の仕事にも携わることになります。

 

仕事が充実するということは、
当然ですが給料も上がります。

給料があがるというのは
かなりモチベーションも上がりますよね。

 

ただ、当然ですが、
それに伴って責任も重い物にはなります。

自分ではない、部下のミスなども、
自分に掛かってくる可能性もあります。

 

そのため、部下の指導はしっかりと行う、
リスク管理なども行う必要がありますよね。

 

それらを行うためには、
日々研鑽を重ねて最新の医学を学ぼうとすることや、
より専門的な知識・技術を取得する努力も必要です。

 

管理職と一言でいっても、
在籍年数が長ければ自動的に役職が上がっていく
というようなことはありません。

看護技術を磨き、
そして認定看護師やその他の資格についても、
勉強をして取得しようとする向上心が必要です。

 

人一倍の努力は当然必要になってきますよね。

 

主任や師長であれば、その病棟に精通することが必要ですし、
看護部長ともなれば、全体を把握する必要があるので、
さまざまな診療科目についても勉強する必要があります。

さまざまな診療科を経験し、
実績を積む努力も必要ですよね。

タグ: ,