4月 12 2015

管理職として転職する場合、チェックしておきたいことは?

Category: 転職のコツ9xexhk53 @ 11:06 PM

kyuujin管理職として転職をしたい。
という人は、実は以外に多いんですよね。

 

すでに枠組みが出来上がっている今の職場ではなく、
新天地で新たに自分なりの考えで仕事をしてみたい。

という人にとって、
新天地を目指したいという考えは理解できます。

 

病院側も、新たな意見を取り込むことを考え、
管理職を募集することは多くみられます。

ただ、管理職の求人にはいくつかのパターンがあります。

 

まずは即戦力として働くことが出来る
管理職を募集するという方法です。

現在すでに師長や部長として働いている人が、
新天地を求めている場合には、
このような病院を探してみるといいですよね。

 

次に、経験がない人をあえて募集し、
管理職として育てようという病院です。

他の病院での管理職経験はないものの、
新たな管理職候補として転職をする
向上心を持つ人を雇用したいという場合です。

 

管理職として採用をされると、
経験者であればすぐにリーダーとして活躍することになります。

未経験者採用の場合でも、
一定期間リーダー研修などを受けたのち、
役職に就くことになるのが多いパターンです。

 

ここで気を付けておきたいのが、
自分が考えていたような仕事が本当にできる職場なのか、
前任者はどうしてやめたのかなどです。

場合のよっては、
前任者は過労やストレスによって精神的な負担が強く辞めた。
というような職場もあります。

 

何か軋轢が合って辞めた。
という場合、自分がその軋轢に対応できるのか。
今までの職場と大きく制度自体が変わっていたりはしないのか。

このようなことは最低限チェックしておきたいことですよね。

タグ: ,

Comments are closed.